渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

知っておきたい自分でできる脱毛後のアフターケア

    

知っておきたい自分でできる脱毛後のアフターケア

毎回自分でムダ毛を処理することが面倒だと感じたことはありませんか?
冬のあいだは厚着をしているので、処理を忘れていても特に気づかれることがありません。
しかし、これからどんどん外気温も上昇するので、衣装も薄着になっていきます。
そんな時にムダ毛が出ているといかがでしょうか。
せっかく綺麗にメイクもしてお洒落なファッションを着ていても、ムダ毛が見えてしまうと台無しです。
そのため、4月から8月にかけて脱毛をする人は増えてきています。
特に夏休み前の6月からは予約が取りにくいほど多くの方が足を運ぶので、脱毛をする上で最もいいタイミングとしては秋から冬です。
秋から冬に脱毛をすれば、半年後の夏にはつるつるの肌になれるので、薄着になっても自信をもって出すことが出来ます。
脱毛をする上で気をつけなければいけないポイントはいくつかあります。

 

脱毛後の自分でできるケアとは?

脱毛をすると肌は敏感になるのはご存知でしょうか?

〇脱毛の方法
エステサロンだとフラッシュ脱毛、医療機関ではレーザー脱毛という方法が行われています。

〇違い
このレーザー脱毛とフラッシュ脱毛、どう違うのかというと
★フラッシュ脱毛は複数の波長をお肌の広範囲に当てていき、レーザー脱毛は単一の波長を肌に当てていきます。
フラッシュ脱毛は肌に優しく痛みを感じにくいのですが、永久脱毛効果ではありません。

★一方レーザー脱毛は威力が強いので永久脱毛効果がありますが、肌が乾燥していたり粘膜に近い部分にレーザーを当てると痛みを感じることがあるので、気をつけなければいけません。
レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、毛根の組織を壊し、無理やり抜くのではなく肌に負担をかけにくく、自然周期で”するん”と抜けていきます。
抜けるときも肌に負担がなく、痛みもないので安心して施術を受けることが出来ます。

〇脱毛後の肌は非常にデリケート
肌は乾燥しやすく炎症やかゆみが起こりやすい状態です。
ですから、きちんとケアをしないと肌が荒れやすくなってしまいます。

〇家で出来るケアとは何でしょうか?
①まず基本的に保湿です。
レーザーを当てた後は非常にデリケートです。
ですから鎮静作用のある保湿クリームやジェルを使用して、お肌にしっかりと潤いを与えます。

血行を促進するような行為も禁止です。
飲酒や運動、サウナや入浴は血行を促進させてしまうので禁止です。
特に入浴は血行を促進させるだけではなく、湯舟には様々な雑菌が繁殖しています。
お肌が敏感な時に入浴してしまうと化膿したり炎症が起こるので避けましょう。

 

ホームケアで綺麗な肌を保ちましょう

〇禁止事項は守り、保湿は十分に行おう
・脱毛後はホームケアの仕方次第で炎症やかゆみを防いだり、潤いのある柔らかいお肌を保つことができます。

・脱毛をしたあとはデリケートなので、禁止事項はいろいろあります。
特にトラブルになっていないから大丈夫だろうと思い込み、お風呂に入ったりサウナや運動に飲酒など血行を促進させるような行為をすると翌日肌が真っ赤になっているということもあります。

肌が炎症をおこしたり、かゆみが起こった場合は我慢せずに皮膚科へ受診しましょう。
すぐに受診できない時は、冷たいタオルで患部を冷やすと症状が治まることもあります。

〇まとめ
脱毛はこれからどんどん需要が高まります。
シェービングで剃った肌は触り心地もざらざらチクチクしていたり、肌表面がぶつぶつして見栄えが悪くなります。
しかし、サロンで脱毛をすることで、肌トラブルが起こりにくく、肌表面がぶつぶつしたりざらついたりということがありません。
肌が弱い人も安心して施術が受けられることから今需要が高まっています。
脱毛サロンで脱毛をして、今年の夏はつるつる肌で楽しみましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件