渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛で問題解決!黒ずみと脱毛の関係

公開日:2018/02/15  最終更新日:2018/06/13
    

脱毛と黒ずみ

薄着の季節になると、肌の露出も増えてムダ毛の処理などに気を使う人も多いでしょう。
渋谷は通勤や通学で毎日たくさんの人が行きかい、ショッピングやグルメなどで活気にあふれる町です。
そんな渋谷でも流行やおしゃれ、美容に敏感な若者の間ではSNSや口コミで脱毛サロンや美容クリニックの話題や
おすすめの情報があがっています。
また、脱毛の悩みも同時に多く聞かれます。
せっかく脱毛しても、肌が黒ずんでしまったというような悩みは特に多いものです。
脱毛効果もあり、黒ずみを解消する方法があれば知りたいという人も多いはずです。
まずは、脱毛と黒ずみの関係について説明します。

 

肌の黒ずみの原因は

女性にとって、肌の悩みは人それぞれ様々な悩みがあります。
シミやシワ、肌のくすみ、ハリや弾力がない、カサカサの乾燥肌など悩みは尽きないものです。
肌の黒ずみを気にしている人も多くいます。
黒ずみやすい部分は、ひじやひざ、ワキやデリケートゾーンなどいろいろとあります。
肌の黒ずみを解消するには黒ずみの原因を知ることがまず、必要になります。
原因についていくつか考えられます。
黒ずみの大きな原因はメラニンが生成されることです。
メラニンとは肌が何らかの刺激を受けて、メラノサイトで作られるものです。
脱毛による肌の黒ずみに悩む人も多くいます。

まずは紫外線のダメージによるものです。肌が紫外線を浴びたことにより、防衛反応としてメラニンが生成されます。

二つ目には、肌を締め付けるような下着を付けたり、ぴったりとした服を着た際に肌に繊維がこすれて摩擦をおこしてメラニンが生成されてしまいます。
身体を洗う際にもごしごしこするのは摩擦になります。

三つ目は、肌のターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が剥がれ落ちることなく残ってしまい、メラニン色素が沈着してしまい、黒ずみの原因になります。
本来、肌細胞は28日間かけて角化して、角質細胞になってはがれていきます。
ストレスやホルモンバランスの乱れ、不規則な生活が原因といわれています。

脱毛と黒ずみの関係は

皮膚の色素沈着、つまり黒ずみで悩んでいる方は多いでしょう。
ワキやひざ、デリケートゾーンの黒ずみやニキビ跡など、一度できてしまうとなかなか元に戻すのがむずかしく、外見のコンプレックスの原因になってしまいます。
色素沈着になっていると、脱毛サロンでの施術は断られる場合もあります。
どうして黒ずみがあるとサロンで断られてしまうかというと、脱毛機械の光は毛根に含まれるメラニン色素に反応してダメージを与える仕組みになっていて、肌に色素沈着があると光がメラニンに反応してしまい、肌細胞も破壊してしまうおそれがあるためです。
そのために色素沈着の場合は脱毛にリスクがあり、施術を控えるところも多いです。
とはいえ、最近では色素沈着のある肌でも脱毛の施術を受けいれるところも多くなってきました。
照射の光の出力レベルを下げて脱毛する方法もありますが、メラニンに反応しない新しい技術で開発された機器では、黒ずみであっても脱毛できるものもあります。
黒ずみの解消と脱毛が同時にできるなんて、今まで悩んでいた方にはとてもうれしいですね。

脱毛に関しては技術の進歩や施術方法の新しい開発など、日進月歩の部分もあります。
今後も脱毛サロンや美容クリニックでは、新しい機械を導入したり、タイプの違う施術方法を取り入れたり、今までとは違う脱毛方法を展開するでしょう。
全く知らなかったことも出てきますので、常に最新の脱毛情報にアンテナを張り巡らすことも大事です。
まずは黒ずみがあっても脱毛をあきらめずに相談してみてはいかかでしょうか。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件