渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

抑毛ローションを使用するメリットと使い方をご紹介!

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24
    

抑毛ローションを使用すれば自己処理は必要ないのでしょうか。ここでは抑毛ローションの作用、効果的な使い方、長く使用する必要性などについて説明しています。憧れの美肌を手に入れるためには、ムダ毛の処理は欠かせないポイントです。

ムダ毛を生えにくくする作用がある

体毛が濃くて悩んでいる方は、抑毛ローションの使用を検討してみてください。大豆イソフラボンやパイナップルなどの成分が配合され、ムダ毛が生えてくるスピードを遅くできるのです。

毎日豆乳を飲むようになってから、ムダ毛が生えてくるスピードが遅くなったという人がいますが、これは豆乳に大豆由来のイソフラボンが含まれているためです。男性ホルモンの作用をほどよく減退させることで、毛周期を遅らせることができます。

抑毛ローションは使い方も簡単で、清潔な肌に塗りこんでいくだけです。一般的に入浴後に使用されることが多く、保湿成分も配合されているので肌を落ち着けるためにも役立ちます。

入浴後のほてりを解消して肌を適度に冷やし、さらにムダ毛の再生を遅くできるのです。入浴後は毛穴が引き締まっているので、抑毛成分が浸透しやすいメリットもあります。塗布後はすぐに下着を着用せずに、液剤が乾燥するまで待つのがおすすめです。

シェービングと併用するのが得策

抑毛ローションは単体で使用してもよいですが、これだけでムダ毛の悩みをすべて解決するのは困難です。生えてくるペースを遅くしても、結局は生えてくるので自己処理が必要になってきます。

最近は脱毛サロンの光脱毛を活用される方が増えてきましたが、まだまだムダ毛処理と言えばシェービングという方は少なくありません。ただシェービングは肌が弱っているときにすると、肌を敏感にしたり炎症を起こしたりする可能性があります。

シェービングの頻度はできるだけ減らしたいので、抑毛ローションで生えてくるペースを遅らせる対策が役立つわけです。例えば2週間に1度の頻度で処理していた方が、3週間に1度の処理に減らすことができれば、より長く肌を休ませることができるでしょう。

頻繁に処理すると肌が敏感になりますし、ダメージを回復させるまで時間がかかるので、なかなか肌が正常に戻らない現実があります。肌を元気にする意味でも抑毛ローションは役立つのです。

長期的に使用するほど実感度が増す

抑毛ローションは単発で使用してもあまり効果がありません。実感するには長期の使用が必要ですから、過度の期待をせずに使い続けることがポイントになります。

劇的な効果を期待してしまうと、思うような結果が出なくて続けるのが苦痛になるからです。肌を保湿する化粧水だと思って使い続ければ、忘れたころにムダ毛が生えにくくなっていることに気づくはずです。

注意したいのはサロンの脱毛処理を受けている場合、脱毛頻度を遅らせる要因になる可能性があることです。光脱毛の処理ペースが長くなってしまうと、スベスベになるまでの期間も延びてしまいます。当然ながら短期スパンで脱毛を受けたほうが、ゴールが早くなるのは間違いありません。

抑毛ローションはシェービングとは相性がよいですが、脱毛と併用する場合は注意が必要になるのです。もちろんローション自体に保湿作用があるので無意味ではありませんが、海水浴シーズンになるまで薄くしたいなど、具体的な目標がある方は慎重に使用してください。

 

ムダ毛の生えるペースが早くて悩んでいる方は、抑毛ローションの使用を検討してください。シェービングと同時におこなわれることが多く、それにより剃る頻度を遅らせて肌を保護できます。保湿作用も有しているので、シェービングから肌を守るのに最適です。

成長期のムダ毛に作用して再生を遅らせるためには、長期にわたって活用したいです。継続的に使用することで綺麗な肌に近づけられますが、光脱毛と併用した場合は脱毛期間を長期化させる可能性があるので注意してください。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件