渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛する範囲にほくろがある場合はどうすればいいの?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30
    

最近は脱毛サロンの施術料金も安くなってきたことから、プロによる施術を希望する人も増えてきました。現在は、光脱毛が主流となっており、毛根部分にダメージを与えて毛の再生を抑えていきます。黒い部分に反応することが特徴的ですが、施術したい部位にほくろがある場合は、どのように対処するのかも気になるところです。

毛根の黒い部分に反応させる施術

ムダ毛処理を本格的にするのであれば、エステサロンの施術を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。ムダ毛処理は痛みを伴うというイメージもありますが、現在はエステサロンでは光脱毛が主流になっています。

この方法は無理にムダ毛を抜きとる方法ではなく、あらかじめムダ毛はシェーバーなどで処理しておき、毛根の黒い部分に光を照射して毛の再生を抑えていくという方法です。広い範囲も短時間で処理することができ、痛みが少ないのでストレスのない施術ができると評判です。

医療機関のレーザー脱毛と似た施術ですが、より出力の弱い光が使われているので肌への負担も抑えられており、光には美肌効果も期待できます。黒い部分に反応するので、肌の表面へのダメージも少なく、効率よくムダ毛処理ができる方法です。

施術期間中は日焼けに注意しよう

光脱毛は黒い部分に反応しますので、施術期間中は日焼けをしないよう気をつける必要があります。肌が焼けてしまうと施術の効果が出にくくなるだけではなく、やけどなどのリスクもあります。

このほかでは、タトゥーのある部分に照射をすると、照射した部分の色が取れてしまう可能性もありますし、ほくろがあるところにそのまま照射すると、色が取れる可能性もありますし、やけどのリスクもあるとされています。

それでは、ほくろのある部分の施術はできないのかということになりますが、決してそうではありません。ほくろにそのまま照射するとリスクもありますが、脱毛サロンやクリニックはその部位テープやシールで保護をして照射しますので、安全な施術ができます。

タトゥーやシミがある部位も同様に保護してから施術をしますので、色が取れる、やけどをするなどの心配はありません。

最新の施術をするサロンもチェック

ほくろがある部分にムダ毛が残ってしまう場合もありますが、気になる場合は、シェーバーなどで処理することもできますし、どうしても気になる場合は、その部分だけニードル脱毛で対応するという方法もあります。

このほかでは、最近はSHR脱毛と呼ばれる施術を提供するサロンも増えていますので、最新の施術にも注目してみてはいかがでしょうか。SHR方式は毛根ではなく、毛包部分をターゲットにしています。

メラニンではなく毛包にアプローチする施術ですので、高温は必要なく、従来の施術では難しかった日焼けした肌やほくろのある部分にも対応できるようになりました。痛みもより抑えられており、敏感肌の人にも安心して利用できると人気が高まっています。産毛にも反応が良いのも人気の理由です。

 

エステサロンでは、毛根に特殊な光を照射する光脱毛が主流です。黒い部分に反応させる施術ですので、日焼け肌やほくろのある部位の施術は難しいとされています。実際の施術の際には、ほくろ部分はテープで保護してから施術がおこなわれます。毛が残った場合はニードル脱毛で対応することもできます。

最近はSHRと呼ばれる、毛根ではなく毛包をターゲットにした施術をするサロンも増えてきました。この場合であれば、メラニンに反応させないので、日焼け肌やほくろ部分も安全に照射できるとされています。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件