渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

生理中の脱毛は避けた方がいい?生理と脱毛の関係とは

    

生理中の脱毛は避けた方がいい?生理と脱毛の関係とは

ほとんどの女性が毎月必ず訪れる生理。
生理現象とはいえ、毎月この時期は憂鬱で、人によっては痛くて寝込んでしまうという人もいるでしょう。
そんな毎月のブルーデイと脱毛が重なったらどうしますか?
生理になったけど、せっかく予約をしたんだし脱毛をしたいと思う人もいますよね。
特に夏の時期は予約が取りにくいので、無理してでも脱毛をしたい気持ちは女性なら共感できます。
ですが、この生理期間中、脱毛をすることは正しい行為なのでしょうか?

 

生理中に避けなければいけない場所と脱毛効果について

生理になった時、残念ながら施術が出来ない箇所があります。
それがVIOなどのデリケートゾーンです。
デリケートゾーンからは経血が出ていることから、衛生上の問題で施術は断られます。
基本的にVIOなどのデリケートゾーンは、生理期間中以外なら対応することが出来るので、生理になってしまったら残念ながらデリケートゾーンの施術はあきらめましょう。

 

ではデリケートソーン以外のパーツはどうでしょうか?

基本的にそれ以外の部位は脱毛をすることができます。
ただし、生理期間中と生理日以外では体内のホルモンバランスが異なります。
女性の体は月経期・黄体期・卵胞期・排卵の4つに分かれます。
体の中で特に変化をするホルモンというと、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンです。

エストロゲン
コラーゲンを作り出しお肌にハリと潤いを与えたり女性らしい丸みを帯びた体を作ります。

プロゲステロン
妊娠しやすい体を作るために分泌され、皮脂が過剰に分泌されたり、むくみや便秘になり易くなります。
生理前に肌荒れするのはこのプロゲステロンが原因です。

〇この4つの時期の中で、最も脱毛時期に適している時期はいつだと思いますか?
★実は「卵胞期」なのです。
卵胞期は整理が終わり、排卵までの時期の事をいいます。
卵胞期は肌のコンディションが最もいい時期で、お肌の水分量も高いことから脱毛時期にピッタリです。

★2番目に適している時期は「排卵期」です。
人によってはこの排卵期も頭痛や腰痛、体がだるいといった症状が現れることもあるので、必ずこの時期がいいという訳ではありませんが、黄体期や月経期よりもホルモンバランスが安定していることから、脱毛には最適な期間と言えます。
ですから、ベストな時期は卵胞期から排卵期までのどこかで予約をするのが一番です。

アプリなどで生理日の管理をしている人は、生理日と同時に排卵をする時期もわかるようになっていることが多く、生理周期が安定している人は比較的排卵時期もわかるでしょう。
ただ、生理日に絶対できないというわけではなく、ホルモンの関係で効果を感じられなかったり人によっては痛みが感じやすくなってしまう事があります。

 

生理になったらサロンへ相談してみましょう

・サロンによっても対応は異なりますが、中には生理期間中はあまり脱毛効果を感じることが出来ないという理由から、脱毛を控えるように勧めるサロンもあります。

・サロンによっては当日キャンセルはペナルティが発生してしまう事がありますが、生理期間中はどうなのか、そのあたりについてはサロンへしっかりと確認をするようにしましょう。

同じ女性でも生理期間中の体調の変化には個人差があります。
痛みも全くなく普段通りの生活が出来る人もいれば、痛みやだるさで動くことが出来ない、薬を飲んでも収まらないという人もいます。
体調が悪かった場合は無理をせず、サロンへ相談しましょう。

サロンによっては当日生理痛の薬を飲んでしまった場合、施術をすることが出来ないサロンもあります。
無料カウンセリングの際にきちんと生理期間中の体調の変化について相談をすると。
当日キャンセルのペナルティを回避することもできるので、我慢をせず一度相談をしましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件