渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛エステティシャンに資格は必要?知って得する脱毛の知識

    

脱毛エステティシャンに資格は必要?知って得する脱毛の知識脱毛サロンに通っていたり、利用を検討したりしている人の中には、「脱毛エステティシャンって、資格がいるの?」と疑問に思っている人もいるかもしれませんね。
ほとんどの脱毛サロンで行う施術の光脱毛(フラッシュ脱毛)は、メラニンに影響を与える光を照射する脱毛機器を使用し、毛根や皮膚に埋まっている毛の部分に熱変化を起こし、毛根にダメージを与えることで脱毛する仕組みになっています。
そういった施術内容についてはある程度知っていても、そんな精密機器をスタッフが操作をする際には何か免許がいるのか、あるいはどんな研修を受けて施術を行っているのかなどについて、あまり知る機会がないかもしれませんね。
ここでは、そんなエステティシャンの資格について、まとめてみたいと思います。

 

脱毛エステティシャンの資格

脱毛サロンに限りませんが、エステティシャンの場合、日本では国の機関が認めるような公的資格制度は確立していません。
そのため、エステティシャンの資格は民間の協会・企業が認定しています。
そういったところでは、教育制度や講師制度を充実させていて、認定資格がエステティシャンのスキルや知識を表す規準としています。
あるいは、エステティシャンの信頼や実績を示すものになります。
現在、エステティシャンの資格には「日本エステティック協会」、「日本エステティック業協会」、「IEA国際エステティック協会」、「国際エステティック連盟」の4つの団体のものがあります。
・「日本エステティック協会」
1972年設立。
日本のエステティック界を牽引してきた団体です。
認定トータルエステティックアドバイザー、認定上級エステティシャン、認定エステティシャン、認定管理者、認定フェイシャルエステティシャン、認定ボディエステティシャンなどの資格があります。
認定の専門学校に通ったり、通信教育講座で勉強したりして資格取得を目指すことができます。

・「日本エステティック業協会」
AEA認定エステティシャン資格の認定を扱っており、筆記試験と実技試験により、安定した技術と知識を持ったエステティシャンに与えられる資格です。
エステティック業界の進歩とエステティシャンの資質向上、あるいは社会的地位の確立を目指す団体です。

・「IEA国際エステティック協会」
“IEA国際エステティック協会認定トータルビューティ”という名の資格を授けます。
フェイシャル・アロマテラピー・リフレクソロジー・ボディセラピーなど、美と癒しの専門知識や技術を身につけた人に認定されます。
脱毛時の肌のケアなどの知識やスキルに活かせる優れた資格です。

・「国際エステティック連盟」
日本だけでなく、海外でも活躍できる“INFA国際ライセンス”の資格を認定しています。
日本ではインファースクールに入学し、規定カリキュラム・終了試験合格後、国際試験に合格することが必須です。

以上がエステティシャンに認定され、脱毛サロンでも活かせる資格になります。

マネージャーや店長といった管理者は持っていることの多い資格

エステサロンでは、就職時に資格を役立てたり、あるいは入社後に資格取得を目指したりすることが多いようです。
サロンによっても異なりますが、スタッフ全員が資格を持っているわけではありませんが、マネージャーや店長といった管理者は持っていることの多い資格のようです。
また、脱毛サロンの場合、施術時の機器を扱うための免許がいるわけではありません。
研修制度を充実させることで、脱毛や美容に関する基礎知識を学んだり、脱毛施術の実施研修を行ったりしながら、スタッフの技能の研鑽を行っています。
あるいは、カウンセリングのスキルアップや、接客マナーの向上にも努めています。

ここ渋谷にも数多くの脱毛サロンがありますが、安心して通いたいなら、しっかりとした技術力や上記のような資格を持っているかどうかなどにも注目することが大切です。
大手のエステサロンの場合はまず問題ないと思いますが、個人経営の小規模な脱毛サロンなどの場合は、ホームページや口コミなどで、その辺りをチェックしておくと安心なのではないでしょうか。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件