渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛トラブルを避ける方法は?脱毛で注意するポイント

    

脱毛トラブルを避ける方法は?脱毛で注意するポイント
近年、脱毛サロンやクリニックでお手入れをする人が急増しています。

ここ渋谷でもサロン・クリニックが次々にオープンし、こうしたプロにお任せする脱毛もずいぶんポピュラーなものになってきました。
そんな脱毛サロンやクリニックで、もしも脱毛トラブルが起こってしまったら、どうしたらよいのでしょう?

ここでは、脱毛トラブルの代表的なケースや発生を防ぐための注意ポイントについて触れたいと思います。

 

肌トラブルについて

多くの脱毛サロンが導入しているのは光脱毛で、クリニックが導入しているのはレーザー脱毛です。
どちらも、毛根のメラニンに反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて脱毛するという点で共通していますが、機器の出力とそのパワーに違いがあります。
クリニックでは、医師の管理下で施術が行われるため、レーザーの出力を強くすることができ、短期間で効果を得ることが可能です。
一方、脱毛サロンは、医療レーザーよりも出力が穏やかなため、肌への負担や痛みは少なくなりますが、自己処理のいらないレベルになるまでにはレーザーよりも時間がかかります。
脱毛クリニックの場合、出力パワーが強すぎたりすると、火傷や水ぶくれ、赤味といった肌トラブルが起こることがあります。
万が一、そうなった場合は医療機関での施術のため、すぐに病院で治療を受けることができますが、不快な思いをしないためにも、脱毛クリニックを検討する際にはしっかりと事前リサーチをすることが大切です。
契約の時も、施術の効果ばかりでなく、リスクについても十分な説明を受け、その場合の補償などもきちんと確認しておくべきでしょう。
脱毛サロンは機器の出力も低いため、敏感肌でも施術ができると言われる程ですが、本人の体調や肌の状態によっては、まれに肌トラブルが起こることがあります。
大手サロンの場合、近くの病院と提携していることが多いため、万が一の場合も直ちに病院の皮膚科で診察を受けることができるでしょう。
しかし、個人経営など小規模なサロンの場合は、提携している医療機関があるのか等を契約前に尋ねておくとよいでしょう。
また、脱毛中の肌トラブルの治療費などもサロン側が負担してくれることがほとんどですが、まれに負担してくれないサロンもあると聞きます。
トラブルを避けるためにも、こちらもやはりカウンセリングの時などに、きちんと確認しておくことが重要です。
なお、脱毛サロン・クリニックへ行く時は、体調を整えておくようにしましょう。
脱毛前日は過度な疲労や暴飲暴食を避け、睡眠もしっかりと取って下さい。
また、肌が敏感な生理中の脱毛はできるだけ避けた方が無難です。
トラブルを未然に防ぐためには、受ける側の自己管理も非常に大事です。

クーリングオフについて

「脱毛の契約を結んだけれど、やはり解約したい」ということも、たまにあることでしょう。
その場では良いと思ったけれど、自宅に帰って冷静になったところ、契約解除したいと考え直す場合などです。
そんな時、スムーズに解約でき、きちんと返金されるのでしょうか?実は、脱毛サロンと脱毛クリニックでは対応が異なります。
脱毛サロンでは「契約受領日から8日以内」「脱毛契約期間が1ヶ月以上」「契約金5万円以上」の条件がそろえば、クーリングオフ制度が適用され、契約金が返金されます。
脱毛クリニックの場合、脱毛は医療サービスと見なされるため、クーニングオフが適用されません。
そのため、後から契約破棄することは一切認められていませんので注意して下さい。
医療クリニックで脱毛の契約を結ぶ際は、契約書をきちんと読み、施術内容や料金、支払い方法にしっかりと納得した上で行うことが非常に大切です。
逆を言えば、納得できるまで安易に契約しないことです。
脱毛サロンやクリニックでトラブルに遭わないためには、脱毛のメリットばかりでなく、リスクや契約内容にも意識を向けておくことが必要です。

同時に、信頼できるサロン・クリニックかどうかもチェックしておきましょう。
口コミサイトなどから情報収集をしたり、お試し体験などを試したり、または実際に足を運んで確かめてみることも功を奏するでしょう。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件