渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛前のエチケット?脱毛前日のシェービングについて

    

脱毛前のエチケット?脱毛前日のシェービングについて

 

脱毛当日ですが、ムダ毛を剃った状態で、施術を受けなければいけないことはご存知ですね?カウンセリングの時などにスタッフから、脱毛前の自己処理について説明を受けていると思います。
時々、「どうせ脱毛するんだから、生えっぱなしでもいいよね?」とか「ムダ毛処理に行くのに、自分でムダ毛処理するの?」とか「勝手にやったら怒られるでしょ?」と思われている方はご注意を。
 

脱毛前の自己処理はなぜ必要?タイミングと方法について

脱毛に行くのに、なぜ自己処理が必要なのかと不思議に思う方もいるかもしれません。
その理由は、ズバリ脱毛施術の仕組みにあります。たとえば、脱毛サロンの光脱毛は、毛根のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛根にダメージを与えることで脱毛します。それは脱毛クリニックのレーザー脱毛でも同じ原理なのですが、光は黒い色に吸収されやすいため、メラニン色素に影響を与えますが、毛自体にもこのメラニン色素が含まれています。そのため、仮にムダ毛がある状態で光を当ててしまうと、必要以上に多くの熱エネルギーを受けてしまうので、火傷や焼け焦げの危険性があるのです。
これは非常に危ないことですし、肌にもダメージを与えます。強い痛みを感じることにもなりかねません。なので、脱毛前には必ず自分できちんとシェービングをしておく必要があるのです。
脱毛前の自己処理を行うのは、脱毛の予約日の前日、または、前々日がベストです。万が一忘れていた場合は、脱毛当日のシェービングでもしかたがありませんが、自己処理したあとの肌は敏感になっていますし、毛を剃ることで角質層を削ぎ落とされ、ダメージも受けています。そのため、回復する時間が必要なので、施術をする2~3日前のムダ毛処理が最適とされているのです。
また、シェービングの方法は、カミソリではなく、電気シェーバーで処理するのがオススメです。カミソリは肌を傷つけやすく、皮膚が傷ついた状態で脱毛施術を受けるのは危険なためです。
なお、毛抜きでの処理は絶対にNGです。光脱毛の場合、毛根がないと脱毛効果が発揮できません。毛抜きで毛根ごと引き抜いてしまったら、施術の意味がなくなってしまうのです。
ところで、腕や足、ワキなど自分で見えるところならまだしも、自分では見えない背中やうなじ、お尻などのムダ毛の処理をするのは大変ですよね。また、手が届かない場所もあるかと思います。そんな時はどうしたらよいのでしょうか。

サロンはシェービングしてくれるの?

脱毛サロンによって、そういった剃り残しのシェービングサービスを行ってくれるかどうかはさまざまです。無料のシェービングサービスのあるところ、有料のところ、基本的にお断りされるところなど、サロンによって異なっています。
ここ渋谷の脱毛サロンでも、シェービングサービスを無料、もしくは有料で行うところや完全に行わないところなど、バラツキがあります。口コミなどでは、やはりシェービングサービスのあるところが通いやすいとの評価もありますが、気になる方は事前のリサーチが必要ですね。
ちなみに、有料シェービングのお値段は、1000円程度のところが多く、VIOラインは1500円かかることがあります。また、剃り残しのシェービングを断るサロンの場合は、剃り残した範囲を避けて脱毛の施術を行うようです。

脱毛前の自己処理の必要性はわかっていただけたでしょうか?
脱毛前のシェービングの後は保湿ローションを多めに塗ったりして、いつもより入念なお肌のお手入れをなさって下さいね。そして、施術当日にしっかりと脱毛効果が得られるように心身ともに整えておきましょう。

 

 

ランキングはこちら

 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件