渋谷で口コミや評判のいい大手全身脱毛サロンはココ!

脱毛は痛い?脱毛の疑問に答えます

    

脱毛は痛い?

 

脱毛には興味があるものの、痛そうなので心配に思っている人もいるでしょう。
渋谷エリアを始め都心には多くの脱毛サロンやクリニックがありますが、痛みを気にして躊躇する人も多いとのことです。
エステサロンや医療機関でのプロによる脱毛は、毛根に何らかの形でダメージを与えて毛根細胞を破壊するので、脱毛の種類によっても異なりますが、痛みは多かれ少なかれあるようです。
ここでは、脱毛の「痛み」に注目して説明していきます。

 

3つの脱毛方法

脱毛は、「フラッシュ脱毛」「レーザー脱毛」、そして「ニードル脱毛」の3種類に分かれています。
「光脱毛」という名前も聞いたことがあるかもしれませんが、これはフラッシュ脱毛と同様のものです。
脱毛時の痛みは種類によって異なり、一般的にはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の順に痛みは増すということです。

まず、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛とは、フラッシュの光またはレーザーをムダ毛のメラニンに照射して、毛根細胞などを破壊することによって脱毛する施術です。
レーザーのほうがフラッシュの光よりも強い効果があるため、痛みもその分強めになります。
どちらも、照射するのは一瞬なので、輪ゴムをパチッと当てられたような短い痛みだけで終わることが多いです。
レーザーは効果が強いので、痛いけれども施術は5、6回で済む場合があります。
いっぽうフラッシュ脱毛は、レーザーほどの痛みはないのですが、1回の脱毛効果はレーザーほど強くありませんので、10回以上にわたってエステサロンに通い、施術を受けることが一般的なようです。
レーザー脱毛を選んで回数は少ないが強めの痛みを我慢するか、フラッシュ脱毛を選んで弱めの痛みを何回も受けるか、どちらがよいとは一概には言えません。
なお、フラッシュ脱毛をするエステサロンでは、痛みが激しい場合は光を弱めたりして様子を見ながら施術してくれる場合がありますので、痛みが強かったら遠慮なくエスティシャンに伝えるとよいでしょう。

ニードル脱毛は、毛根に針を刺して弱電流を流すことで毛根細胞を破壊するため、鋭い痛みが続き、あまりの痛さに声を上げる人もいるそうです。
ニードル脱毛の施術は時間もかかるので、長時間にわたって痛みに耐える必要があります。
なお、ニードル脱毛する場合、医療機関によっては部分麻酔をしてくれることがあるそうです。
麻酔には別途料金が発生するので、事前に確認しておくと安心です。

それぞれ部位によっても痛みが違う

さて、脱毛の種類によって痛みが違うことはわかりましたが、同じ脱毛方法でも、脱毛する部位によって痛みがかなり異なるようです。
レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は、メラニンに対して照射するわけですから、メラニンが濃い部位は強く照射されることになります。
つまりムダ毛が太かったり濃かったりする部位ほど、それだけ痛みも大きくなります。
脇の下やアンダーヘアといった、比較的太くて濃いムダ毛が多い部位は、一般的に脱毛時の痛みは強めになります。
逆に腕や背中などの薄めのムダ毛については、脱毛時の痛みは少ないことが多いです。
また、ムダ毛の多さや太さは個人差が大きいので、痛みも人によってずいぶん違うようです。

このように、脱毛の種類や脱毛する部位によって痛みの大きさは異なるものの、どの脱毛を選んでも、ある程度の痛みは避けられないようです。
しかし、エステサロンによっては、冷やしたり保湿したりと、痛みを和らげるためのケアをしてくれることもあるそうですので、脱毛前に、痛みのケアについても相談しておくことをおすすめします。

最後に、レーザーまたはフラッシュによる脱毛を検討している人は、日焼けをしないように注意してください。
日焼けによって肌のメラニンが増えてしまうと、レーザーやフラッシュの光を照射したとき、肌にやけどのようなダメージと痛みを与えることになるそうです。

 

 

ランキングはこちら


 

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件